自分の時間を大切にしたい人すべてに、私がゲーセンを趣味としておすすめする理由

いろんな壁に立ち向かい、毎日必死に頑張っている人にとって

自分を大切にする時間は特に必要です。

今回は、私がゲーセンを趣味としてたくさんの人におすすめする理由を紹介します。

私は夜のゲーセンが好きなんです

私は、仕事に区切りがついた時や疲れたとき、よくゲーセンに遊びにいくんです。

そのときの夜のゲーセンが私は凄く大好きなんです。

それは、「いろんな人が自分の時間を大切にしているから」

  • 髪の毛がバーコードになっているおじさんサラリーマンが、タバコを加えて、格闘ゲームに没頭している姿
  • セーラー服を着てる女の子が、ヘッドフォンを持参して、目が回りそうな高難易度の音ゲーを真剣にプレイしている姿
  • メダルゲームを笑顔で楽しんでいるお年寄り
  • たくさんのカードを持参して、サッカーゲームで自分のチームでひたすらプレイしている人
  • 大画面の競馬のゲームをただただ眺めて大量のコインを積み立てている人たち

凄いと思いませんか?

1つの施設に知らない人たちがたくさんいるのにも関わらず、みんなが自分の世界に入って、自分の時間を大切にしてるんです。

腕時計を確認しながら、焦ることもなく、時間を気にすることなく、いろんな人がそれぞれ好きなゲームに没頭するその空間が

私はとても大好きなんです。

ゲーセンのゲームって家で出来るゲームとは全然違う

ゲームなら、家でやればいいじゃん。

「スマホですればいいじゃん」って思う人も多いと思います。

でも、ゲーセンのゲームって全然違うんです。

私はよくイニシャルDというレースゲームをプレイします。

実際の椅子に座って、ハンドル、アクセル、ブレーキ、シフトレバー、目の前には大画面。

そう、自分の世界に入り込むことができるんです。

右に曲がるコーナー(カーブ)が見える

自分は相手のすぐ後ろ!相手との実力はほぼ互角!

普通に曲がっても勝てない!勝つには相手よりシビアな、内側につっこむしかない!!

相手の真後ろについている。相手の車のブレーキランプが光る

同じタイミングで踏んでたら勝てない!

0.1秒でも遅く!ブレーキを踏む。コーナーで1㎞でも速度を落とさず曲がるために!

ブレーキと同時に、勢いよくシフトレバーを6足から4足へ!

左に一度ハンドルを切って、遠心力を付けて一気に右にステアリングを切る。

曲がれぇえええええええ!!!

目の前には家庭用のテレビより大きな大画面で繰り広げられる1対1の熱い攻防

聞こえるのは、テンションが上がる大音量のBGM

先を行くドライバーは、常にバックミラーに見える、抜かしたい!勝ちたいというドライバーのプレッシャーに耐え抜きながら

ひたすら走り続ける

後ろのドライバーは、1ミリでもいい、相手との距離を近づけるんだ!ミスをしたら!スキがあったら絶対に抜くんだ!

絶対に勝ってやる!

そんな二人の熱いバトルが、あなたを現実の世界から切り離してくれるんです。

大変なことを多く抱えている人

毎日苦しい思いをしている人

そんな人にとって、こんなに自分の好きな世界に入り込んで、時間を忘れて、好きなだけ全力でゲームをプレイできるって・・・

最高じゃありません?^^

1つの施設で、そんな人たちがあちこちで、自分の時間を楽しんでるんです。

私は、夜のゲーセンの雰囲気が大好きなんですよ^^

普段からゲームをしない人にゲーセンは合わないんじゃない?

女性の人は、普段からゲームをしない人にとって、ゲーセンって楽しめるの?

と疑問に持たれる人も多いかもしれません。

確かにゲーセンには、たくさんゲームがありますが、中にはゲーム慣れしてないとちょっとやりにくかったり

このゲームはやらないほうがいいな。といったものもあります。

ですが、ゲーセンのゲームは、ゲーム初心者の人でもすごく遊びやすくできてるんです。

まず、最近のゲームなんですけど、最初は無料でプレイできるゲームが増えてます。

チュートリアル(ゲームの説明)をまずは、ゲームをプレイしながら受けることができるんです。

ただ、説明書読んで、はい!本番!といったわけではないんですね。

それに、ゲームでほかの人と対戦するときは、初心者の人は初心者と上級者の人は上級者という風に

実力が近い人としかゲームはマッチしません。

それに、家庭用ゲーム機と違って、ゲーセンのゲームは直感的に操作できるようになっていますので

案外、普通のゲームよりやりやすいものもあるでしょう。

1人プレイをするときは、自由に難易度を選べますので、簡単なものから楽しめばいいと思います。

まずは、雰囲気でゲームが下手な私でも1人で楽しめそうなゲームを探してみよう。

そんな気持ちで遊んでみていいと思います。

もしゲーセンに行かれるのならカードを作っておいたほうがいいかも

ゲーセンに普段から行かない人はびっくりするかもしれませんが

今のゲームはほとんど、自分のカードを作ってセーブデータを使ってプレイするんです。

自分のゲームをセーブするのはカードなのですが、これが基本的に300円。

ゲームの会社などによって、このカードが異なることもありますが

大体のゲームはaime(アイミー)というカードでプレイできます。

うえで、レースゲームの紹介をしましたが、このゲームはまず自分の愛車を決めるんです。

そのあとは、プレイしながら車を強くしていくんですけど

カードが無い人は、毎回新しい車を選びなおして、ちょこっと強化したら終わりをずっと繰り返すことになるのでつまんないんです。

好きな車をずっと使いたい、好きなキャラでずっとプレイしたい。そんな人はカードを作ることをおすすめします。

ゲームにカードをかざす場所があるので、そこを見たらどのカードが対応しているのかわかります。

カードはお店の隅っこやゲームの横などに、ちっちゃな自販機のようなもので販売されていますので、探してみるといいでしょう。

もしわからなかったら、店員さんに聞くといいと思います。

私のゲーセンの楽しみ方

私はゲーセンに車を止めたら、スマホをマナーモードにします。

店内に入ったら、まずは自販機^^

私はゲーセンに行ったら、必ずおいしい飲み物を買うようにしてるんです。

両替するためには、両替機に行く必要がありますが、ちょこっとしか遊ばないときは、自販機でジュースを買って両替も一緒にしちゃいます。

500円玉が出てくるので、財布の中の100玉と相談しながら、足りないときは両替機を使いましょう。

このとき、私はテキトーにジュースを買うんじゃないんです。

まず、自販機のラインナップを眺めます。

どれがおいしいんだろう???

このリンゴの缶ジュースはどんな味がするんだろう?

果汁がめちゃくちゃ多いのに炭酸なんて、凄くおいしそうだな

このアロエのジュースは、どれだけ缶の中にアロエが入ってるんだろう?

そんなことを考えながら「今日のお供を決めるんです」

そのあとは、ひたすらゲームを楽しみます。

私はゲーセンで4種類のゲームのレパートリーがあります。

最初は1つのゲームしかしなかったんですけど、ほかの人がプレイしている時とか

別のゲームをプレイできるようにいろんなのプレイしてたら、面白くなったんですね。

今日の気分に合わせて、やりたいゲームにいって、後は楽しむ

時間は絶対に気にしない!腕時計を付けている人は外しちゃいましょう

ゲームの待機時間や何気ない時間は、今日の晩御飯を考えます。

中華で麻婆豆腐もいいなぁ、でもスーパーでお寿司を買って好きなお酒を飲むのもいいなぁ

そんな考えで頭の中をいっぱいにしてください。

そうしながら、思いっきり楽しんだ後は、おいしいご飯!

家に帰ったら、再び時間を忘れて、最高のご飯と最高のお酒

あるいは帰る前に映画を借りて、それに没頭する。

そんな最高の1日は、仕事帰りの「一晩」でも作れちゃうんですよ

大変だからこそ、自分を大切にしてあげてください

いかがでしたか?

今回は、いろんな人にゲーセンを趣味としておすすめする理由について紹介しました。

大変な現実で生き抜いているからこそ、ちゃんと自分を大切にしなければいけないんです。

自分の時間を大切にすることって大事なんです。

もし、毎日が辛い人は、ふらっと仕事帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

仕事帰りの100円はいいものですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です