水曜日郵便局読んでみた!レビューと感想

今回は「自分の手紙が知らない誰かに届き、知らない誰かの手紙がやってくる物語」

水曜日郵便局の感想を書いていこうと思います。

実は、この水曜日郵便局、現実で実際に行われていたサービスなんです。

魅力的で人生を豊かにしてくれる本ですので、是非見てください。

自分の夢を叶えられずに葛藤している人たちが、手紙を通じて勇気を与え、もらい合う


水曜日郵便局。

それは、自分の水曜日の出来事を手紙に書いて「水曜日郵便局」という場所に送ると

郵便局の局員さんが、送られてきた手紙をランダムにして送り返すというもの。

物語の始まりは、パン屋さんになりたかったけど、結婚を理由に家事や育児に必死で、自分の夢を見失っていた女性の話から始まります。

その女性の家庭や仕事はあまりいいものではなく、成功している人に嫉妬の目を向けてしまうほど、自分に胸を張れないでいたんです。

その女性は昔の友達と会ったことをきっかけに、自分の人生に対し、前向きに向き合うようになると同時に、水曜日郵便局の存在を知りました。

女性は、水曜日郵便局に自分の手紙を送るとともに、「家族の生活か、自分の夢か」どちらを取ろうか悩んでいる男性のお話を目にします。

偶然、この女性と男性はお互いの手紙を受け取り合ったんです。

世界には、いろんな人がいて、いろんな想いを抱えている人たちがいる。

そんな人たちが、自分の悩みを共有し合い、自分の人生を改めて考え、前を向いて生きていく。

水曜日郵便局はそんな物語なんです。

この本を図書館で借りた時、実は予約が入っていたらしく、遅れないよう早めに返してくださいね。と言われたほど、人気の本でした。

この本を読んだとき、私も水曜日郵便局に手紙を送ってみたい!とツイッターで水曜日郵便局を検索したら、まさか実在してたんです。

有志の人達が実際にやっていたサービスをモチーフにした本なんですね。

ただ、このサービスはすでに終了していて、凄く残念でした。

ですが、実は昔に再開していたとのことですので、もう一度再開する機会があるかもしれません。

海外からも水曜日郵便局に手紙を送った人もいるほど人気のサービスだったんですね。

とても面白い本だったので、ぜひ読んでみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です