心が溶けるほど耳が幸せになる飯テロアニメ(幸腹グラフィティ)

あぁ~~心が溶けるんじゃ~~耳が溶けるんじゃ~~

私はこのアニメを何度も見ているんですが、見るたびにこの言葉がこぼれます。

今回は皆さんに「心が溶けるほど耳が幸せになる飯テロアニメ(幸腹グラフィティ)を紹介します。

私も利用している、月に税込み432円でアニメ見放題のVODです。

※「幸福グラフィティ×」「幸腹グラフィティ○」検索される際は、誤字にご注意を(笑い

幸福グラフィティってどんなアニメ?

 


料理上手で優しいおばあちゃんと2人暮らしをしていた主人公の女の子。

ですがある日、おばあちゃんを失い、女の子は一人暮らしになってしまいます。

1人で料理をするようになってから、毎日のご飯をおいしいと感じなくなり、おばあちゃんが亡くなってから「自分は料理が下手になっちゃった」と勘違い。

そんな中、親戚の女の子が、東京に受験勉強にいくため、毎週土曜日に家に泊めてもらいたいとお願いしてきました。

一人ぼっちの女の子は、再び「誰かとご飯を食べます」

なぜ、毎日ご飯がおいしくなかったのか気付いた女の子は、親戚の女の子と家族のように仲良くなり

次第に、友達と3人で、たくさんいろんなおいしいものを食べていくようになります。

幸腹グラフィティは、人の温もりとごはんの温かさで、心が包まれるようなアニメです。

ご飯が・・・おいしそう・・・

 


幸腹グラフィティという名前だけあり、相当な「飯テロ」アニメです。

もともと、料理上手なおばあちゃんと一緒に居たこともあり、主人公の女の子は

学校の誰もが認める料理上手。

そんな彼女が作る料理はどれも、よだれが出るほどおいしそうなものばかり。

辛いことがあって、食欲を失っている人は、このアニメで確実に回復します。

それに加え「おいしそうに食べるシーンも凶悪」

時々、口元でご飯をおいしそうに頬張るシーンがあるんですけど

たまりません・・・

耳がぁ~耳がしあわせなんじゃぁあ~~

少し変に思われるかもしれませんが、私がこのアニメをもう1つ押す理由は、ズバリ「声」
と言うのも、主人公の女の子の声があまりにもヤバいんです。

ヘッドフォンでアニメを見ていると「あぁ~耳が溶けるんじゃぁ~~」と、私は耳と脳みそがとろけてしまいます。

主人公の女の子の声優をされているのが、佐藤利奈さんという方なのですが

とても、可愛らしい声で演技をされててしかも、演技上手。

これは正直見ないと分からないのですが

目の前においしそうなごはんが出たときの「ハァ~~~」という感銘の声や「おいしぃ~」といった一言一言がもはや極悪なんです。

ほかの登場人物が魅力的なのはもちろん、声がヤバい・・・

脳みそと耳が本当にとろけます・・・

幸腹グラフィティのOPが「幸せについて私が知っている5つの方法」

 

私は、この作品をずっと前から紹介したかったんです。

人を幸せにしてくれるアニメだということはもちろんなのですが

アニメのオープニングの名前が「幸せについて私が知ってる5つの方法」って言うんです。

坂本真綾さんが歌っているのですが、とっても素敵な歌ですよ。

カードキャプターさくらの「プラチナ」を歌った人といえば、わかる人もいるかもしれません。

よかったら、ぜひご覧ください^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です